めてろぐ

めてめてめておのブロブロブログです

支配されるという特権をだッ!

 スラヴォイ・ジジェク『絶望する勇気 グローバル資本主義原理主義ポピュリズム』90・91項より

ジェイムソンはこの神話を払いのけつつ、こう力説する。コミュニズムにおいては、まさにそれが公正な社会であるかぎりにおいて、ねたみと怨嗟が爆発的に増大するのだ、と。なぜだろうか。

ジャン=ピエール・デュプイは、ジョン・ロールズの正義論に対して次のような説得力ある批判をしている。ロールズの理想とする公正な社会では、社会的不平等が、社会階層の底辺の人々にとって助けにもなっているかぎりにおいて、また、ヒエラルキーの伝承ではなく自然の不平等――これは偶発的に生じたとみなされる不平等であって能力差ではない――にもとづくかぎりにおいて、許容されてしまう、と。だが、ロールズにみえていないのは、そうした社会がいかに抑えのきかない怨嗟(ルサンチマン)の暴発の温床となるかということである。要するに、この社会では、わたしがほかのひとよりも劣った地位に置かれるのは完全に「正当化」されるのであり、そのためわたしは、自分の失敗を社会の不正のせいにする機会を奪われるのである。

ロールズは、もって生まれた性質においてヒエラルキーがあからさまに正当化されるという恐ろしい社会モデルを提示する。これによって彼はフリードリッヒ・ハイエクの重要な教えを見逃してしまう――すなわち、不平等は非個人的で盲目的な力によってもたらされると主張できたほうが、不平等を受け入れるのはずっとたやすくなる、という教えを。

市場の「不合理性」そして資本主義における成功と失敗の「不合理性」のよいところは、これによってひとは自分の失敗や成功を「不当」で偶発的なものとみなせる、ということである。市場とは、計り知れない<運命の女神>の現代版であるというおなじみの見方を思い出そう。要するに、資本主義は「公正」ではないという事実は、資本主義を受け入れることを可能にする重要な特質なのである。

 強調はめてちゃん。

 

例えばインセルが置かれている恋愛的ヒエラルキーに苦しめられる世界。これは資本主義が覆い隠す幻想のヴェールが取り払われた世界――市場における人の失敗や成功を「不当」で「偶発的」なものとする作用が取り払われ、ゆえにまた別の不満が過激に噴出した世界を感じ取れるのは私だけだろうか。

www.huffingtonpost.jp

 >こういった男性はよく、自分たちのことを"遺伝子のくじ引きの敗者"と表現する。

仮にコミュニズム革命が起こって――コモンズをブルジョワ資本による私有から奪回し、連帯した労働者階級が取り戻したとして、また違う形態(例えば生得的な形質)で不平等と差別が勃発するかもしれない。(例えば高い知能や運動能力、美しい容姿の重要性が今よりもより強く現れ、熾烈なヒエラルキーを形成)

 

杉田水脈LGBT差別言説(同性愛者は子供が産めないゆえに生産性がない)が党派的なイデオロギーを超えて様々な方面に刺さっていた事を思い出そう。

 

それでも今の世界よりはよっぽどマシだろうが、なんというか、人生って厳しいわ。