めてろぐ

めてめてめておのブロブロブログです

諸刃の希望、バーチャルYoutuber(1)

「アイドルはうんこしない」――かつて私はこの言葉を耳にして腹を抱えて笑った。

何故笑ったか、コノテーションを理解出来なかったからである。それくらい――昔の私は純真で物を知らなかった。

俗悪な願いだと理解してはいるが、私はいつもアイドルのようになりたいと思う。

芍薬のような凛とした背筋、すらっと長い白い手足、明晰な頭脳、気高く咲き誇る白百合のような天真爛漫――ルーちゃん!!!!!

f:id:metemetemeteor:20180105005443j:plain

有限のうちに落ち込む絶望は、自己を世間に「騙り取らせる」。その結果、ひとは自己自身であろうとするのではなく、他の人びと同じにしているほうが気楽で安全だと思い込んでしまう。

世間は知的、「美的」な偏狭さに無限の価値を与え、唯一の必要なもの、すなわち神への理解をもたず、自己自身を失っている。しかし、こうした絶望に対して世間は気づいていないし、それゆえにこそ世間の人びとは器用に立ち振る舞うことができるのだ。

キルケゴール 死に至る病より引用

私はルーちゃんになりたいと常々願い、公言している。馬鹿馬鹿しいとお思いだろうか。

 

 

 

さて、Youtuberが世間に受け入れられ、スマートフォンガラパゴス携帯を駆逐した後の世界を代表する大人気コンテンツとして君臨し始めてどれ程経つだろうか。トップYoutuberであるHIKAKINがアーリーアダプターからの人気を博した時、ネット界隈での彼への評判は最悪に近かった。多くのユーザーが「自己顕示欲の塊」「音の出るゴミ」としHIKAKINを誹り排外し続けた。そこから「聖人」「子供を笑顔にして稼いだ金で食う飯は美味いか?」と万雷の拍手を送られるようになるまで、評価を見直されるまでに随分と時間が掛かったと思う。

f:id:metemetemeteor:20180105005220j:plain

 

だが彗星の如く現れた彼女――バーチャルYoutuberキズナアイは、驚異的なまでに凄まじいスピードでネットユーザーの心を掌握した。まるで手塚治虫リボンの騎士が、同時代の他のまんがを刹那で過去のものにしたかのように。

クオリティの高い美少女の3Dモデルに、モーションキャプチャに依る躍動感溢れる動き&かわいらしくも外連味のある声で命を吹き込む――生身のYoutuber達から匂い立ち逆巻いていた悪臭は払拭され、誰もが望んだ美しい十全たる理想的な偶像が爆誕した。そう生まれられるのであるならば、誰もがキズナアイのように生まれたいと望むだろう。その姿は、世界精神が光に乗って回線を通っているかのようだ。

www.youtube.com

 

イオニアたる彼女の後に続き、雨後の筍の如く次々とバーチャルYoutuberが誕生した。それぞれのキャラクターの個性も豊かで目立つ。いきなりのバリエーションはユーザーにとっては至れり尽くせりだ。ミライアカリ 電脳少女シロ 輝夜月 富士葵 ときのそら のらきゃっと…… 私がこの記事を書いている今この瞬間にも、新たなバーチャルYoutuberが生まれているに違いない。

www.youtube.com

www.youtube.com

バーチャルYoutuber戦国時代とも形容されるこの時代、彼女達の動画は既存の生身Youtuberを追いやる破竹の勢いで環境を席捲し、覇権と共に新世代の産声を上げた。最早彼女達はアイドルの如き存在である。いずれ生身のアイドルのシェアの大部分に取って代わるだろう。(ゆえに少し前、彼女達が悪質ゲームサイトをRTした際に規模の大きい炎上が発生した。ミライアカリは色々きな臭い話も出ているようで、一部の界隈では荒れているようだ。)

私も期待に胸を膨らませて、彼女達の動画を色々と見てみたが……

 

正直に言う。期待外れだった。

 

決して悪い訳ではない。そもそも生まれたばかりの存在である。Youtuberというカテゴリの過渡期でもあるし、現段階で至高の段階を求めるのはナンセンスかも知れない。

だが重要な視座が欠落している。ゆえに今後の方針は既に確定したようなものだ。何より権力的なものへの服従が見て取れる。歴史の至るところで目にする権力への盲目的な服従というものに共通する点、真新しさがない。

だから労働者階級向けの卑しい娯楽の域を出ない。

 

バーチャルYoutuber、彼女達のやっている事は何だろうか。

オタクにとって馴染み深いコンテンツのよくばりセットに、コロンブスの卵的な表現方法で新たな人格を付与し纏め上げた――そこまでは良かった。革新的な存在であった筈なのに、手垢のついた既存のコンテンツを複合させただけのものとしか私の目には映らなかった。

かわいらしいアバターを使い、かわいらしい声で、既存のもの――アニメに声優やアイドルにYoutuberのコンテンツを追っている、資本主義の欲望に応えた、多少気の利いただけの本質的には卑しいオルタナティブでしかない。

www.youtube.com

 

オタク達が彼女達を見て何を為したか?いつも通り、流行りものに対する姿勢通りに、何度も何度も何度も繰り返されたパターンをなぞるように、熱狂し、ファンアートを描き、性欲の対象とする...... 今もなお反芻されるそのパターンこそ、所詮は彼女らが代替物に過ぎない証左だ。

 

f:id:metemetemeteor:20180105232738j:plain

ヘーゲルはどこかで、すべての偉大な世界史的な事実と世界史的人物はいわば二度現れる、と述べている。彼はこう付け加えるのを忘れた。一度目は偉大な悲劇として、二度目はみじめな笑劇として、と。

 

だがそれの何が問題なのかと思う人も多いだろう。読者の皆様方は、それがユーザーの大きな支持を得ており、欲望を上手く刺激し熱狂させ、確かに楽しみを与えているのだから問題はないと思うだろうか?

 

いや問題だろアホかーーー(●`ε´●)

 

私が問題意識を抱いてるのは他でもない。Youtuberに潜んだ可能性を、彼女達を渇望するユーザーが、それを引き継がず、取るに足らないものとして忘れ去る事で、歴史から抹殺してしまうかも知れないからである。

 

大切なもの――それは数学者の業績と名誉の如く、凡俗の視点からは理解しがたい、全貌を掴めない程の複雑系ではあるが、確実に人生に必要不可欠と断言出来るものである。洞窟の中に潜んで、時折暗い影が蠢き、直視する事は難しいが、原初世界の無味乾燥に様々な彩りを与えてくれるもの。

それをバーチャルYoutuberという存在が毀損し、貶め、目に見えないものとしている。

 

それは生身のYoutuberにあった悪臭である。バーチャルYoutuberは人間に備わる直視し難い醜さ、歪んで淀んでいるゆえに、誰の胸の中にも潜むもの、伏線も脈絡もなくやってきて、否が応でも脳内に晦渋の電流火花を散らし、苦しむ必要に駆られる。ゆえに人間そのものである。それを、そこから発せられるものを切り落とす事で、誰もが望むような俗悪な理想的存在となった。が、同時に大切なものまで削ぎ落とし、切り落としてしまったのである。それはほんのふとした瞬間に表出するもの、カルマの螺旋の行き着く先の、悪徳と美徳と、そして偶然が重なり、人類の本質が表出したもの、エピファニー

 

それを切り捨て見て見ぬふりをして放棄するなど、余りにも馬鹿げた態度である。19世紀の頃のフランスでは「恋愛に成功するには」という一種の恋愛手引書が出た。女が男をひきつける為の卒倒の仕方や、ヒステリーの起こし方、果には自殺の仕方まで書いてあった。恋が行き詰まったときには"恋の詠嘆"とかいう台詞を述べると男を魅了出来ると手引されていた。商人や仕立て屋や職人など、相手の職業に合わせてのバリエーションまでおあつらえ向きに用意してあった。そんなバイブルに沿っただけの恋愛に、果たしてどんな意味を見出せばいいのか?

果実が手に入らないのなら、表面的なキスを凍りつくまで繰り返した方が楽しい――そんなにも世界は厭世的にならざるを得ないものだろうか。

 

だが、哀しい事に資本主義に支配された世界の脆弱性なのだろう。知者の啓蒙が意味を成さず、下劣な資本家のプロパガンダエピゴーネンが大手を振って歩き、真に価値あるものを駆逐していく。悪貨が良貨を駆逐していき、一部の者だけが良貨を寂しく抱えるのみ。人間の繰り返してきた愚かしさの一例がここにある。

 

しかして、バーチャルYoutuberが切り捨てたものを、ごくごく少数ではあるが至高の領域に達したYoutuberは持っていた。

f:id:metemetemeteor:20180105234136j:plain

舞台に上がったスターの芸は、見ているものに興奮と――夢と希望に満ちた何かを与える。さながら基底状態にあった電子が、光子の力を得て励起するように、ファンは高揚し、それを自分の人生の一歩を進める為の原動力とする。一部の素晴らしい人間の行いが、公共の福祉、いや世界をアップデートする為の素晴らしい力添えになる。そういった人間の実存の為の生の営みを、バーチャルYoutuberという存在が刈り取ろうとしている。

 

だからせめて、その美しい営みを紹介し、皆様方には真に大事なもの、プラトニックなものを、胸の中に食い込ませ、どろどろに溶け合わせて、抉り出す事の出来ない血肉として頂きたい。

 

次の更新を待て、しかして希望せよ!

 

ウィィィィィィィィィィィィィィッス!!!!ど~も~syamuでぇ~す!!

f:id:metemetemeteor:20180105003743j:plain

 

(2)に続く。