めてろぐ

めてめてめておのブロブロブログです

貴重な学生時代を原宿で過ごせないなんて地方の子はかわいそう

皆様方に座右の銘はあるだろうか。常に自分の心に留めておいて戒めや励ましとする言葉からは、その人間の人となりやアイデンティティが噴出する。だからユニークなものがいい。

私の座右の銘は「一度きりの学生時代を原宿で過ごせないとか田舎の子って可哀想」というセンテンスだ。ここまで心の奥底から頷ける強烈で含蓄那由多な言葉は、中々あるものではない。正確な情報は調べてみても分からなかったが、とあるJK読モが言った言葉らしい。

私はこの言葉をとても気に入っており、少し表現を変えて「貴重な学生時代を原宿で過ごせないなんて地方の子はかわいそう」と定期的にツイートしている。私の悲劇的なイデオロギーの根源を忘れない為に。

 

「一度きりの学生時代を原宿で過ごせないとか田舎の子って可哀想」――子供らしい素直さと高邁さと傲慢さが率直に出ている。私はこのセンテンスから大別して3つのイデオロギーを感じ、読み取った。

1つ目は「かわいさ至上主義」2つ目は「東京至上主義」3つ目は「青春至上主義」適切な表現とは少しズレているように思えるし、納得もいかないが他の表現を思いつかない……きゅう。そこは一旦置いておいて、どのイデオロギーも私の根底に流れるものだ。これらを簡単にではあるが説明しよう。

 

・1 かわいさ至上主義

頭いい人や(バカ特有の表現)女性解放主義者やポリコレマンが暴れているお陰で、まだまだ不十分ではあるが世界は公平に近付いている。(Desexualizationを是と盲信する主義やPC校長的な過剰さなど異を唱えたい事も多いが)

 

絶対的なものなどこの世にないかのように思えてくる時もある。

だが覆し難い価値観が存在するかわいいは正義

f:id:metemetemeteor:20171228205803j:plain

この言葉はかわいい少女を描くロリコンまんが、苺ましまろのコピーであり、業界を超えて多くの人に伝わり世に広く啓蒙をもたらした。

古来より人はかわいいのお陰で一喜一憂し、人生を振り回されてきた。媚薬であり麻薬のような抗い難い魔力を放つもの、それがかわいい。男も女も関係なく求める力。

苺ましまろの作者ばらスィーは、繊細で精緻なタッチで絶対的な正義である少女を描く。ばらスィーだけではない、絵を描くものは、少女を理想的なものとして、時としてファナティックな崇拝を感じさせる程の情熱で描く。

 

少女は美やかわいさの典型であり極致というイデオロギーは、多くの支持を得ている。それはルッキズムを強力に補い支える。そして――どこの国でもそうだが、特に日本はルッキズムに支配されている。

 

原宿は個性的でかわいいが集まる街だ。

かわいい女の子、かわいい男の子も、変わったかわいいファッションやアイテムがたくさん。かわいいものに身を包み、SNOWなどで更にかわいさを増し、アイデンティティをかわいさで発露する少女たちが、かわいいものに囲まれて乙女時代を楽しむ光景は、さながらキッチュ野郎が脳内に描く天国の様相を魅せる。

 

さて、ならばかわいくないものは悪だろうか、対偶としてはそうはならないが……

だが皆様方もご存知の筈だ。かわいくないものがどう扱われるか。かわいさの素晴らしさによって、かわいさによるマチズモが世を覆っている現実を。

正義の為なら、人はどこまでも残酷になれる。

 

 

・2 東京至上主義

これを説明するには「原宿で過ごせないとか」は別に「池袋で過ごせないとか」「田園調布で過ごせないとか」でもいい。大阪などの大都市は兎も角(大阪民国は法や秩序を理解しない下劣な野蛮人の集合体だと思っているので個人的に好きではないが)、地方や田舎で暮らす意義が薄いのは説明するまでもないだろう。

文化・流行・豊かさ…… どれを取っても地方や田舎より東京の方が遥かに優れている。自然だってちょっと東京を出れば容易にアクセス出来る。ゆえに東京或いはその近辺に住めない二級市民である事を期待されて産み落とされた子供達は、哀しく、かわいそうな存在だ。

 

ソシュールの言語論からは、言語とは差異を示すシステムという事が読み取れる。

日本語では蝶と蛾、英語ではButterflyとmothと区別するが、フランス語ではどちらもpapillonと呼ぶように。言語の比較は価値観の違いを示す。

地方のテレビ番組でもマスマディアは東京の言葉・言語ばかりを伝えるのは、そういう事だ。

 

ちなみに、テコンダー朴の原作者であり21世紀を代表する義士である白正男は、原宿をオシャレ上級者の集う街と評している。私も原宿が好きでよく訪れているし、服も原宿系のブランドを好んで選んでいる。ちなみにankorockやListenFlavorとかACDCrag辺りをよく買います。パンダ系が好きでパンダのタイツとかゾンビパンダパーカーとかパンダのジャケットとかパンダのハンカチタオルとか、めっちゃ持ってます。SAKUPANは受け付けない。

 

 

・3 青春至上主義

若さゆえの万能感、感受性の豊かさ、七難隠すみずみずしい容姿…… 青春と呼ばれる時分はそれらが備わっている最高に楽しい時間である。

ジャネーの法則に拠ると、人は20歳で一生の体感時間の半分を消費する。10代までの若い時期というのは人生の大半を決定させる程に狂気的に濃い段階だ。

青春を上手くやれれば、それは掛け替えのない成功体験となり人生を肯定するには十二分な要素となるだろう。

 

だがもしそうならなかったら、貴重な青春をドブに捨ててしまったら。

 

幼児期や青春時代に手に入れられず悔しさを覚えたものに、人は生涯執着するらしい。

マクギリス・ファリドは言う「嫉妬、憎悪、汚辱に恥辱……消えない過去に縛られて、輝かしいはずの未来は、全て、愚かしい過去の清算にのみ消費される。」

虚しい青春ゆえのオブセッションを晴らす為に人生のリソースを費やす日々へ突入せざるを得ない人間は、決して少なくない筈だ。

 

 

 

・まとめ

私はウクライナやアジアのイスラム系国を経た後、日本の文化後進地区サテライトで人生の大半を過ごした。だから原宿で一度しか無い輝かしい青春を過ごしている彼女達が、羨ましい。時折遮ってしまいたくなる程に。

彼女達にとって、私は惨めでかわいそうと哀れまれるような存在なのだろう。

 

でも

でも……!!

 

ときめきは消せないよ

すべてが奪われたとしても 何度も何度でも出会うんだから

嘘ついて生きるのは下らない...

 

わたしアンチテーゼ・エスケイプ カワイイだけじゃもう足りない!!

この手で守り抜いてみせるの!

決めた!アンチテーゼ・エスケイプ ずるい涙は武器じゃない!!

ウラハラシック! サイコー!つらぬけ!

 

f:id:metemetemeteor:20171228213855j:plain

 やっぱ原宿、サイコー!!!!!

 

 めておちゃんは、闇カワイイを目指しています。

 ちなみに、余所行き用の座右の銘は「板子一枚下は地獄」です。