【開演Vib.】めておぶろぐ 【銀河ファイナリー】

Overwatch、プラチナの実力者。【暴力・円環・正義】の哲学を探求。現在リニューアル中。起訴は、やめてください。

うごくちゃんの訃報に接して

 うごくちゃんが亡くなった。

 私は彼女を熱心にチェックしていたとは言い難い。時折チャンネルをチェックして、気になったものがあれば見てみる、そのくらいの距離感で楽しんでいた。それでも私にとっては代えがたいyoutuberであった。その距離感のお陰で、最近精神病院に入院させられていたことなども今更ながら知ったが驚きはしなかった。まぁ、そうなってもおかしくはないと。死因は明かされていないが、何か思い詰めていたのは間違いないだろう。端的に言って、ショックを受けたが、ほっとしたような気もした。坂口安吾が『堕落論』の中でこう述べていた「数年前に私と極めて親しかった姪の一人が二十一の年に自殺したとき、美しいうちに死んでくれて良かったような気がした。一見清楚な娘であったが、壊れそうな危なさがあり真逆様に地獄へ堕ちる不安を感じさせるところがあって、その一生を正視するに堪えないような気がしていたからであった。」

 安吾が思ったように、一生を正視するに堪えないような気がしたから、私は彼女の死に少しばかりの安堵を覚えたのだろうか。

 

 人間は一人では生きていけない。生きていくために誰かとの繋がりを、言わば絆を必要とする。聞こえのよい言葉だが、「絆」とはよいことばかりではない。時として人を縛り留める呪いとして作用する。孤独になることを恐れて、腐敗した絆に引き摺られることを大抵の人間は仕方がないと力なく笑う。子供との絆とは、軋轢に苦しみ離婚を考える父と母を、婚姻制度に縛り付けておく為の枷である。「絆」とはよく言ったもので、語源は犬や馬などの動物を繋ぎ止める道具から来ているのだからそうなるのは当然だ。人が殊更に絆絆と強調する時、例えば新自由主義の政治家が家族親族の絆の大切さについて語る時、本当は「社会保障の削減」を叫びたい魂胆がある。生という苦痛から解き放たれる為に崖から飛び降りようとしても、足首に繋がれた絆がそれの邪魔をする。結んだ絆が強固であればあるほど、雁字搦めになってしまった時に激しく縛られる。

 

 彼女のことを知ったのはおよそ三年ほど前になる。ある人から薦められて視聴してみた。私は所謂DTNのファンボ(※プロゲーミングチーム「DeToNator」のファンボーイのこと)であり、stylishnoobやSPYGEAなどの影響を受けた言動をしがちなのだが、その人はうごくちゃんに影響を受けた言動をしていた。イデオローグ――と呼ぶのは大袈裟だろうが、彼女たちのような有名配信者は、人々がつながる切っ掛けを提供してくれた。その絆にうごくちゃん自身、苦しめられていたのかもしれないが。

 

 繋がりは脆いものかもしれない。強すぎて絡め取られるかもしれない。時の試練に耐えられずすぐに風化してしまうものかもしれない。心地よかった繋がりも、いつかは自縄自縛の鎖に変わるかもしれない。絶対に思えたそれは、一時的な慰めに過ぎないのかもしれない。しかしその繋がりによって一歩踏み出して、新たに紡ぎ出せた繋がりがある。負の循環と化した絆を断ち切ることが出来るのは、また新しい繋がりであり絆だ。消えたり、増えたり、変化していく。人と人、何かと何かの繋がり、その連鎖こそ、生命の系譜だと私は思う。

 

 彼女が死んでも、私の人生から完全に消えた訳ではない。今生の別れではなくとも、冀っても二度と会えないであろう人々がたくさんいる。その人達に言い残したことは無数にあり、しかしそれを伝えるための徒労に取り組むこともしない。彼女たちは自分より先の場所に行っただけだ。そこへ自分も行った時、今度こそよりよい繋がりを作れるように生きていきたい。そう思えることが、彼女が私たちに残してくれた絆の証左だ。

屑籠の歴史 ラカン-ジジェクと読む最悪の百合作家「中里十/西在家香織派」

ひとりひとり見れば、人間は、多少とも理性的外見を呈しており、食べたり、眠ったり、頭を使って悪事を企んだりする。だが総体としての人間は、変わりやすく、不可解で、気まぐれで、愛嬌がある。つまり、人間ひとりひとりはまさに人間であるとしても、人間全体は女なのである。

G・K・チェスタトン『新ナポレオン奇譚』

僕が書こうが書くまいが、どうせ何か別の意味を探そうとするに決まってる。僕の沈黙のなかにだって。そういう連中なのだ。いくら理屈を言っても無駄、啓示には盲目なのだ。マルクートがどうしたと言うんだ。マルクートはマルクート、それだけのことさ。

ウンベルト・エーコフーコーの振り子』下

 すべてを包括するキリスト教的態度――パウロの有名な言葉、「男も女も存在しない、ユダヤ人もギリシア人も存在しない」から必然的に出てくるのは、キリスト教共同体への編入を受け入れない者たちの完全な排除である。

 

 親愛なる読者の皆様は如何お過ごしだろうか? 精神が悪化したり、親族との関係を断ち切るべく弁護士との対話のシミュレーションしたり、大変だがなんとかやっています。それはまぁいいとして、去年私は、「崇高なる力の百合論」というジジェクを濫用した百合論の草稿を書き(今すぐに書き直したい出来なのだが!)、そこで百合の定義について、歯切れよく答えるのは難しいと書いた。それはなぜか? かつて(ゼロ年代ネットでは)百合は女性同士の恋愛やそれに親しい関係を取り扱ったものという認識が一般的であった(少なくとも2chやふたばでは、その論調が支配的であったと記憶している)しかし昨今における「最高」の百合作家たちは、百合とは必ずしも愛情を意味せず、友情や憧憬、憎悪など複雑で多様で、時として巨大な感情が交錯するものだと説き伏せ、「排他的」であった百合を、「寛容」なジャンルへと変えてみせたのだ。確かに、絆のあり方が社会的に定められていないのが百合の強みではある。だがこれは「非-レズビアンの立場」を必要とする百合を無味無臭なものに変える行いではないだろうか?

 最高の百合作家たちの無邪気な百合への賞賛が、いわばジャスティン・トルドー的な(という言い方も語弊を招くだろうが伝わりやすいだろう)、リベラル民主主義における寛容の態度――寛容は傲慢が付き纏う宿命に――脱政治化された市場経済であるグローバリズムの論理に重なると今更ながら気付き、私ははっきりと百合を定義付けることができるようになった。

 いつか百合は歴史の中で光の中へ消滅し――意識などされなくなるだろう。それまでにおびただしい百合が塵となっては忘れ去られていく運命にある。しかし歴史に屑籠あり、そして屑籠にも歴史が有りだ。

 

 本稿は最悪にして唯一無二の百合作家について語ったものだ。

 そして前期中里の集大成、入手困難と諦めていた同人誌『百合史・百合論』にお目にかかる事が出来たがゆえに、執筆が可能となった――というよりは使命感に駆られて書いた。クトゥルフ神話に登場する邪教の魔導書を読むが如く、手を震わせながら読んだ。俯瞰的、網羅的な本であり、文字が我らの道を照らす未来回路を構成している玉稿である。この卓越した同人誌(十七年前だが、色褪せない!)を読まずして百合を語ることは、マルクスフロイト抜きで二〇世紀を語るようなものだろう。

 

 この圧倒的な力を前にすると、自分の至らなさに眩暈がする。

 しかし、不合理ゆえに吾ら為し、続く者たちを望み待とう。

 

 おまえたちが不甲斐なく、自らの創造性に怠惰を貫くから、私のような、おそらく適役とは程遠い人間が中里について講釈を垂れるハメになった。例えるなら盲人が象を語るようなものだろう。しかし目が見えぬ盲人には手があったのだ。

続きを読む

生者に取り憑く死者 めておろぎーの他者論のーと

 

序章:死、死者、死霊――他人事デハナイ!

生が死に対立するなどと言わぬように気をつけよう。生けるものは死んでいるものの一種でしかなく、それもきわめて稀な種なのだから。

フリードニヒ・ニーチェ『悦ばしき知』

 ふとした瞬間、我々は死者の事を考え―想起し―思い馳せる。

 それなりに長く生きていれば、時折、身近で親しい人間が死する―此岸から彼岸へと旅立ち―唯物論的世界観での永遠の別れを経験するのは必然と言ってよい、避け難い運命であろう。身近でない人間についてであるならば、またかと飽き飽きする程の怒涛の勢いで、強迫的なまでに「死んだ」というメッセージが我々に届けられる。昨日も今日も明日も、毎日毎日毎日必ずあらゆるメディアから誰かが死んだというメッセージが通告されている。

続きを読む

超エロくてLGBTに優しい自民党

f:id:metemetemeteor:20201101013916j:plain

俺、彼氏いない歴63年のホモセックス未経験議員!

隠れホモで家でセンズリこくだけの情けないフニャチン野郎だったんだけど、この前、自民党に漁師の兄貴たちがフンドシで乗り込んで来て、見事、捕ゲイされちまった!

続きを読む

【速報】打ち切られたアクタージュ、原作者変更でリメイク連載開始するらしい!権利関係は?被害者感情は?【痴漢列車編】

前回までのあらすじ!

少年ジャンプの人気まんが『アクタージュ』の原作者マツキタツヤが、児童への連続痴漢行為で逮捕された。事件の重大さ、被害者感情を考え、作画の宇佐崎しろ先生は断腸の思いでアクタージュを連載終了させる。

失意に暮れる宇佐崎であったが、そこにアクタージュを原作者変更しリメイクしてみないかという提案が持ち込まれた……。

 

続きを読む